2018/04/12

クラレ「新小学1年生の就きたい職業」。1位はスポーツ選手で、内訳はサッカーが54.9%と圧倒。

クラレが新一年生に就きたい職業アンケートを実施。
有効回答数は約4000人で、男の子のトップはスポーツ選手で20.5%だった。スポーツ選手の内訳はサッカーが54.9%と圧倒。次点が野球で24.1%だった。

サッカーが圧倒しているのに、「スポーツ選手」と一纏めにしているところが良いですね。
野球の人気低迷を出来る限り悟られないように、人気スポーツのサッカーと抱き合わせた数字で出していかないと。

87d1f_1402_99d67e71_afca47b0.jpg

クラレは2018年4月4日、この春新小学1年生となる子どもとその保護者を対象とした「2018年版 新小学1年生の『就きたい職業』、親の『就かせたい職業』」を発表した。将来の夢は、男児「スポーツ選手」、女児「ケーキ屋・パン屋」が1位。いずれも20年連続でトップとなった。

有効回答数は子ども4,000人(男女各2,000人)と保護者4,000人。子ども調査は1999年から2018年まで通算20回目、保護者調査は1992年から2018年まで通算27回目となる。

男児に将来就きたい職業を聞くと、1位は「スポーツ選手」20.5%で、20年連続で首位となった。スポーツ選手の内訳は、サッカーが54.9%ともっとも多く、ついで野球の24.1%。野球は過去最低だった2017年版調査から、6.3ポイント増となった。

〔2018年4月4日付〕


ソース:http://archive.is/3GCsR#selection-307.1-298.7

コメント

非公開コメント