2018/04/12

強盗事件で入獄。刑務所で野球を覚え、メジャーリーガーになった男の話。

だいぶ前の記事ですが、面白かったので紹介。
ドラフト全体1位でパドレスに入団してから一転。ひき逃げ事件をおこして入獄し、出所後に再度MLBで輝いたマット・ブッシュ投手。
マット・ブッシュ投手よりも前に、刑務所からアメリカンドリームを掴んだロン・ルフロアという男がいた。

ロン・ルフロアは1952年に黒人スラム街で生まれ、15歳で麻薬を覚え、19歳でライフルを持って強盗。3年2カ月の実刑判決を受けて入獄。
野球経験が一切なかったにもかかわらず刑務所内で野球を覚え、知人の紹介で監督に売り込み、仮釈放中に見事に契約を勝ち取った。
開幕してから30試合連続安打で注目され、オールスターにも出場。2年連続で3割以上、メジャー新記録のシーズン68盗塁で盗塁王も獲得したという。

日米問わず野球の競技人口が減少し、プロのレベル低下も指摘されている中、こういった凶悪犯でも野球なら一発逆転の可能性を秘めているのですね。日本も刑務所にスカウトを送ってみたらどうでしょうね。
強豪校野球部出身の犯罪者も多く収監されていますし、更生も兼ねてジャパンドリームを掴むチャンスを与えてあげるのも得策ではないでしょうか。

あのいわく付きの超エリートがデビューした。2004年、パドレスにドラフト全体1位指名された絶頂から急転落。「最凶のイの一番」とされたレンジャーズのマット・ブッシュ投手だ。

 12年に飲酒運転でひき逃げ事故を起こし、懲役51月の判決で服役。昨年10月に刑期短縮で出所し同球団でチャンスをつかんだ。過去には刑務所から大リーグのスターにまでのし上がったロン・ルフロアという前科者もいた。

1952年、デトロイトの黒人スラム街に生まれ、少年時代から学校も行かず非行に走った。9歳でタバコ、11歳で酒、15歳で麻薬を経験。19歳のときにライフル銃を持ってバーへ強盗に入り、3年2月の実刑を受けて刑務所入りした。

 だが、70年に刑務所の中で野球を覚えて模範囚となり“ムショ”のスーパースターとなった。73年に知人の紹介で地元タイガースのビリー・マーチン監督に売り込み、仮出所前に特例で入団テストを受けた。その結果、見事合格を果たした。

同年、仮釈放と同時にタ軍と契約。翌年に大リーグに昇格し俊足のリードオフマンとして活躍。76年にシーズン開幕直後から30試合連続安打などで注目を浴び人気急上昇。オールスターにファン投票で選出された。

76、77年と2年続けて打率3割以上をマーク。78年にリーグ新記録の27連続盗塁を含む68盗塁を決め、初のタイトルを獲得。悲惨な運命を乗り越え刑務所から大リーグのスターにまでのし上がった感動のストーリーだ。

〔2016年5月22日付〕


ソース:http://archive.is/4DTOS

コメント

非公開コメント