2018/04/29

中京学院大の軟式野球部で暴力事件。下級生を殴った上級生は謹慎処分に。

中京学院大学の軟式野球部に所属する上級生が、下級生部員を殴りけがを負わせていたことが分かった。
送別会の2次会の後、下級生の礼儀を巡って激怒し顔を殴ったとのこと。加害者の上級生部員は障害の疑いで書類送検され、2週間の謹慎処分も言い渡された。
中京学院大学の軟式野球部は全日本大学選手権で優勝経験もある名門だった。

中京学院大(岐阜県中津川、瑞浪市)の軟式野球部の3年生部員が送別会の後に下級生部員に暴力を振るい、約3週間のけがを負わせていたことが、23日までに大学などへの取材で分かった。中津川署は傷害の疑いで、暴力を振るった部員を書類送検した。書類送検は20日付。
 大学などによると、3月中旬に中津川市内で開かれた送別会2次会の後、下級生部員と上級生に対する礼儀を巡ってトラブルとなり、顔などを殴ったりした。
 暴力を振るった部員は当時、酒を飲んでいたという。大学はこの部員を2週間の謹慎処分とした。
 同部は、全日本大学選手権大会で優勝経験があり、昨年はベスト8に入っていた。

〔2018年4月24日付〕


ソース:http://archive.is/PbDFX

コメント

非公開コメント