2018/06/02

ホワイトソックスのカスティーヨ、薬物違反で80日間の出場停止処分


b82ac8cf127f1c4217e791dd5ad4cc853362ab3b.jpg

【5月25日 AFP】米大リーグ(MLB)、シカゴ・ホワイトソックス(Chicago White Sox)のウェリントン・カスティーヨ(Welington Castillo)捕手が24日、ドーピング検査で禁止薬物のエリスロポエチン(Erythropoietin、EPO)に陽性反応を示したとして、80試合の出場停止処分を科された。復帰が可能となるのは8月下旬の見通しとなっている。

 ホワイトソックスのリック・ハーン(Rick Hahn)ゼネラルマネジャー(GM)は声明を発表し、「シカゴ・ホワイトソックスは、ウェリントン・カスティーヨが大リーグ機構の薬物規定に違反して出場停止になったことを把握し、悲しみと失望を覚えた。ウェリントンは球団とチームメートに謝罪し、自らの行為の全責任を痛感している。彼はチームに及ぼす悪影響と、われわれの選手に対する期待を裏切ったことを理解している」と述べた。

〔2018年5月25日付〕


ソース:http://archive.is/a3hbv

コメント

非公開コメント