2018/06/08

福島市の高校野球部で二年生が三年生の頭を金属バットで殴り、警察も傷害事件として捜査。

福島市の高校野球部で二年生が三年生の頭を金属バットで殴る事件が発生。
二年生部員が練習後に後片付けをしていたところ、三年生部員から嫌な事を言われ激高し、金属バットで頭を殴ったとのこと。
殴られた三年生部員は命に別状はないものの、高野連からは厳重注意処分。警察も傷害事件として捜査している。

いくら激高していたとはいえ、金属バットで人の頭を殴るとどうなるか分かりそうなものですけどね。
ましてや大好きな野球の道具で襲い掛かるとは。
些細な事で激高して理性を失う人間は、どんな凶悪事件を起こすか分かりません。野球を通じた人間形成には問題がありますね。

福島市の高校の野球部で、2年生部員が3年生の頭をバットで殴ってけがをさせました。

 高校によりますと、野球部員の2年の男子生徒は3日の練習後、片付けをしていた時に3年生部員の頭を突然、金属バットで殴ったということです。被害に遭った部員は命に別状はないものの、今も入院しています。男子生徒は「嫌なことを言われてカッとなって殴った」などと話しているということです。日本高等学校野球連盟は、この野球部を厳重注意処分にしました。警察も傷害事件とみて調べています。

〔2018年6月7日付〕


ソース:http://archive.is/6dpa8

コメント

非公開コメント