2018/07/08

巨人の柿沢貴裕外野手(23)、同僚の野球道具を盗んで売却したとして契約解除に。

巨人の柿沢貴裕外野手(23)が、同僚の野球道具を盗み、専門店で売却したとして契約を解除された。
球団の聴取に対し、消費者金融からの借金があり、生活に困窮していたと話しているとのこと。

野球選手は億超えの高所得者が多い印象ばかり先行しますが、平均年俸は3000万強。億超えの選手が多い分、リーマン以下の低収入の選手も必然的に多くなる超格差スポーツという事ですよね。
野球選手といえば計画性が乏しく金遣いが粗いので、消費者金融から借金して首が回らなくなっている野球選手も多い事でしょうね。夢を見過ぎで、直ぐに億超えの選手になって簡単に借金も返せると安易な考えを持ってしまうのでしょうね。

images.jpg

巨人は7日、柿沢貴裕外野手(23)が同僚選手の野球用具を盗み、中古ブランド品買取専門店に売却する不正を行ったとして、同日付で契約解除したと発表した。

 球団によると5~6月にかけて川崎市のジャイアンツ球場の選手ロッカーから阿部、長野、坂本勇らのバット約40品、菅野、岡本らのグラブ約20品、マギー、亀井らのユニホーム約30品、スパイクなど含め計110点を盗み出し、売却していたという。消費者金融などからの借金が重なり、生活費に困窮していたためという。

 6月下旬にネットオークションサイトに野球用具が出品されていたことに他の選手が気づき、球団が調査を開始。防犯カメラなどで柿沢がロッカーで用具を盗んでいた事実を確認。7月上旬には本人に事情聴取し、謹慎としていた。

 柿沢は球団を通して「ライバルであり、仲間と思って一緒にやってきた選手を裏切ってしまい、申し訳ありませんでした」とコメントした。

〔2018年7月7日付〕


ソース:http://archive.is/BtzPC

コメント

非公開コメント