2018/08/12

楽天のアマダーから禁止薬物検出。6カ月間の出場停止処分。

楽天のアマダー内野手から禁止薬物が検出され、6カ月の出場停止処分に至ったとのこと。
検出された薬物は、利尿作用のあるクロルタリドンとフロセミドで、ドーピング隠しに使用される薬物とのこと。

本人は薬物摂取を認めておらず、「髭の発毛剤」に含まれていたのでは?と白を切っているようですが、髭の発毛剤があるってことが初耳ですね。たいして髭も生やしていないのに。苦し過ぎる弁明です。
今でも醜い程に太ってますが、6カ月の出場停止期間中にさらにブクブク太って帰ってくることでしょう。
ちなみに、今年の成績は急激に伸びているとのこと。

4月 .215(79-17) 04本 OPS.704
5月 .176(17-03) 01本 OPS.616
6月 .364(44-16) 04本 OPS1.110
7月 .304(69-21) 11本 OPS1.154

thumb-12133-175731-sports.jpg

プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)は9日、楽天に所属するジャフェット・アマダー内野手(31)から禁止薬物が検出されたとして、同日から6カ月間の出場停止処分を科すと発表した。
7月23日、クロルタリドンとフロセミドが検出された。いずれも利尿作用があり、ドーピング隠しの目的と疑われる禁止物質だという。

同月30日、アマダー選手に弁明の機会を与えたところ「意図的な摂取はない」と述べ、検査の正当性にも異議がないことを確認したという。NPBの井原敦事務局長は「本人が摂取している物の説明は受けているが、それによって禁止薬物が体内に入ったかは不明」と話した。

〔2018年8月9日付〕


ソース:http://archive.is/7o3sL

コメント

非公開コメント