2018/08/19

近年の野球競技人口大幅減少により、レベル低下が顕著になってきたと話題に。

中学生の野球競技人口が7年で12万人も減少していますが、その余波で中高生のレベル低下が顕著になってきたと話題になっています。
熱戦が繰り広げられている甲子園を見ても、身体的に小ぶりな選手ばかり、簡単な補給もままならないエラーも目立つ。
地方予選では部員が足りない高校がスキー部、サッカー部、バレー部、帰宅部などに助っ人を頼み、その野球経験の全くない助っ人が活躍してしまうということも。

甲子園で快進撃を続けている金足農業高校(秋田)は、レギュラー9人のうち野球経験者は僅か3人しかいない模様。
高校から野球を始めた選手が大半でも、甲子園でベスト4に入れてしまうという。
MegjWnB.jpg

17日に決勝が行われたジャイアンツカップ決勝では、大淀ボーイズのエース島野愛友利が大会史上初の女子胴上げ投手に輝いた。
男女間で体つきや体力の差が顕著になる中学年代になって女子選手が男子選手に混じって日本一になるなんて、他のスポーツでは到底考えられませんね。これは競技自体の単純さや、レベル低下の影響でしょう。
甲子園では女子選手の参加が容認されていませんが、活躍の場を断たなければ甲子園でも女子選手の目覚ましい活躍を目にすることになるでしょうね。
ソース:https://www.hochi.co.jp/baseball/etc/20180817-OHT1T50172.html

甲子園球児(投手)の平均球速も年々下がっているようです。
Cee_UdCWwll.jpg

コメント

非公開コメント