2018/09/07

かつて広島で活躍した現・解説者のロッド・アレン(58)が、口論の末に実況アナを暴行

11145_730.jpg

米国デトロイトの地元テレビ局WDIVは6日、タイガースの試合で解説者を務めるロッド・アレン氏(58)が、パートナーの実況アナウンサーを暴行したと報じた。

 アレン氏と実況アナウンサーのマリオ・インペンバ氏(55)はタイガースの放映権を持つFOXスポーツデトロイトで長年コンビを組んでいるが、報道によると、暴行は4日にシカゴのギャランティードレート・フィールドで行われたホワイトソックス戦の放送終了後に発生。激しい口論の末にアレン氏はインペンバ氏の背後から首を絞めたという。

現役時代のアレン氏は外野手としてタイガースなど大リーグで3年間プレー。1989年から3年間は日本のプロ野球、広島に在籍し、90年には98試合の出場で打率3割1分3厘、25本塁打、61打点と活躍を見せた。

〔2018年9月7日付〕


ソース:http://archive.is/VBvBA

コメント

非公開コメント