2016/09/07

西武ライオンズファンの小倉智昭が、覚せい剤で逮捕された俳優に2億5千万円を援助か!?

西武ライオンズの大ファンで年間シートも購入しているというフリーアナウンサーの小倉智昭。
先日、覚せい剤取締法違反で逮捕された俳優に資金援助をしていたとのこと。
記事によると送金総額は2億5千万円にものぼるという。なお、小倉本人は「絵を購入しただけ」と弁明しているらしい。

これだけの額を援助しておいて、知らぬ存ぜぬでは済みそうもありませんね。
薬の中毒者なんて雰囲気で分かりそうなものですし、薬を買う為と知っておいて援助し続けていた可能性もあります。
野球は選手もファンも黒すぎますね。こうやって反社会勢力に金を流し続けるのでしょうか。

img_8.jpg

フジテレビ朝の情報番組「とくダネ!」の司会者である小倉智昭(69)が、8月25日に覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された俳優の庄司哲郎(49)に資金援助を繰り返していたと週刊文春が報じた件で、取材班は小倉が庄司に送った2013年2月のメールを入手した。そこには庄司への莫大な送金額が国税庁の調査で問題になったことなど、事務所の内情が綴られていた。

 1億円とされている追徴課税額から逆算すると、国税当局が問題視した送金総額は2億5千万円以上にのぼる可能性もある。メールによれば、送金総額のうちの「相当の額」が庄司に支払われたという。この小倉からの金で庄司が覚せい剤を購入した可能性は高い。小倉は週刊文春の取材に対し、「絵に対して対価を支払った」と主張している。

〔2016年9月7日付〕


ソース:http://megalodon.jp/2016-0907-1905-33/zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160907-00006536-sbunshun-ent

コメント

非公開コメント